車のローンが払えないとどうなる?意外と厳しい現実を公開

 

中古車売却の経過年数は最大の判断基準

とても丁寧に乗ってきたのに、売却しようと思っていざ買取査定をしてもらったら、見積り相場よりも安かった。こういう人はけっこういるものです。確かに車の状態が良ければ、中古車としては申し分ないかもしれません。しかし、それ以上に中古車売却は経過年数を重要視しているのです。

中古車買取で経過年数が重要視している理由は、とても簡単です。それは買取業者が見るのではなく、実際に中古車を買おうと思っているユーザーにとって一番わかりやすい基準だからなのです。経過年数は、その自動車がどれだけの期間走ってきたのかということです。状態が良くても悪くても、数字が持つ説得力の方が大きくなってしまうのです。 自分は経過年数よりも車の状態を優先するという人もいるでしょうが、自動車のことをあまり知らない人が決める時は、やはり経過年数が全てになってしまいます。そして中古車を買うユーザーのほとんどがそういう人なのです。古すぎる車にはあまり良い印象がないというのは、仕方のないことです。よほどのこだわりが無い限り、誰だって新しいものに価値を見いだしてしまうからです。

自動車に詳しい人が見れば、新しければ何でも良いわけではないということはわかります。しかし、自分がほとんど知らない分野のものを買う時は、新しいものの方が良く見えるのです。中古車買取で経過年数が重要視されている理由は、ここにあります。

手入れをしていれば高く買い取ってくれるのは、嘘ではありません。同じ経過年数の車であれば、手入れをしている車のほうが見積もり相場よりも高く買い取ってもらえます。

10年落ち、5年落ちといった古い車を見積もり相場よりも高く買い取ってもらう方法もあります。複数の買取会社から見積りを取ることです。会社によって査定方法は異なりますので、会社によって売却時の見積額は変わってきます。逆に一社だけの見積りだと、相場より安く売却してしまうリスクが高いです。無料で複数の会社から見積りをとってくれるサービスもあり、多くの方が利用しています。